通勤費が出る風俗求人の特徴

通勤費が出る風俗求人の特徴について紹介します

Home » カテゴリー: 未分類

交通費の相場

女の子に対する交通費支給は、多くのデリヘルが実施する福利厚生です。さまざまな業界の会社やお店が導入していますが、デリヘル業界での交通費に対する認識を見てみましょう。

基本的にデリヘルではお給料に加えて交通費はもらえますが、支給条件があることがほとんどです。1週間のうち5日間出勤する、毎月30,000円まで負担など、お店によって条件は異なります。移動時のタクシー代まで負担してくれるお店もあるようです。ただし、ここまでの負担はキャストの人気やお店の福利厚生次第で、多くのお店で導入しているわけではありません。

面接を受けるときの交通費を支給するデリヘルもあります。デリヘルの風俗求人は大変なので、女の子が気軽に面接に来られるようなお店側の工夫です。ただし、面接についてはキャストへの支給と違い、すべてのお店で支給されるとは限りません。応募する前に風俗求人の条件を熟読しておくと確実です。

風俗業界では働きやすい環境を作るために、交通費の支給をしているデリヘル店が少なくありません。ただし、交通費に関しては一定の規定が設けられていることがほとんどです。交通費の支給に関するトラブルが起きないよう、風俗求人を読んだときや面接時など、事前に確認するとよいでしょう。

 

 

雑費と交通費

お給料から雑費が引かれることは、デリヘル業界では珍しくありません。しかし、実は雑費の内訳には、交通費が含まれている可能性があることをご存じでしょうか。ここでは、雑費の内訳と女の子が損をしないための対策をご紹介します。

雑費とは、デリヘルを運営するにあたって必要なお金です。たとえば、タオル代やローション代、衣装のクリーニング費用などが該当しますが、雑費の中にはドライバーの人件費や移動・送迎時のガソリン代も含まれています。雑費の内訳の詳細を教えてくれるお店は少ないです。そのため、待機室からラブホテルやお客様のご自宅などへの移動時はともかく、知らず知らずのうちに自分は利用していない送迎の費用も支払っているかもしれません。

もし、雑費の交通費で損をしたくないなら2つの方法が考えられます。自分も送迎制度を利用するか、雑費から送迎にかかる費用を引かれないお店を選ぶかのどちらかです。後者の場合、雑費の内訳をお店に教えてもらい、必要に応じて送迎の利用を決めるとよいでしょう。

風俗嬢のお給料を大きく左右する雑費ですが、その内訳を確認しないと損することがあります。精度で損をしないよう、お店の仕組みを確認しておきましょう。

 

  • 1
  • 2